効果的なWEB制作

第1章 なぜホームページが必要なのか

「ホームページは企業の顔」とまで呼ばれるようになった今、改めてその目的と役割を見直して下さい。
あなたにとって、ホームページは必要ですか?

1. 猫も杓子もホームページ時代? -企業にホームページは必要か-

2008年の現在、企業がホームページ(WEBサイト)を開設しているのはさほど珍しい状況では無く、むしろ「当たり前」のようにホームページが開設されています。
世界の舞台で活躍する国内有数の企業はもちろん、地域に根ざした中小企業や小規模小売店でもホームページやブログを開設している例は珍しくありません。

企業がホームページを開設している主な理由

  • 企業イメージの向上を図り、取引へのスムースな流れを作る。
  • 24時間態勢での情報発信が可能となり、営業時間外の広報活動が可能になる。
  • 紙媒体の広告や各種メディアから誘導したユーザーへ、より細やかな情報提供を行う。
  • ネットショッピングサイト等の開設により、ダイレクトマーケティング(直販)が可能になる。
  • 独自のコミュニティやブログなどの情報公開で、顧客満足度の向上を図る。

どの企業も、企業経営の一助としてホームページを開設しています。
しかし、猫も杓子もホームページを持て!とか、企業にはホームページがないと始まらない!といった押し付けがましい話ではありません。
世界を相手にビジネス展開する企業のホームページと、地域近隣顧客へのサービスを展開する企業のホームページとでは、その意味合いや内容に差があって然るべきであり、如何にしてホームページを活用し、リアルなビジネス(商売)に役立てていくかを考えたホームページを持ってこそ、意味があるのです。

「ホームページでネット販売をやって、売上アップ!」と言う話を良く聞きます。
しかし、これだけネット販売が一般的になった今、競合他社でも取り扱う商品がホームページを開設しただけで売れるというのは簡単な話ではありません。
もしかしたら、御社の顧客が望んでいるのは競合他社と同じようなネット販売だけではなく、もっと「企業の中身」が見える、他の「情報」かもしれないのです。

企業の経営者にとっては「ホームページを持つことで何が出来るのか」、「ホームページを持つことで今までとどう変わるのか」をより優先すべきであり、「ホームページを持つ」事だけが目的であれば、企業にとってホームページが必要であるとは必ずしも言えないのです。

ご相談・お問い合わせは随時受付中

ホームページ制作、リニューアルに関するお問い合わせは、お電話・メールフォームで承っております。良くあるご質問をまとめておりますので、そちらもご参考下さい。

良くあるご質問 お問い合わせフォーム

TOPへ戻る