スタッフブログ

中尾による最近のブログ記事

高い?安い?Web制作にかかる費用

2008年10月 1日
中尾

 Web制作に500万とか1000万(プログラムが絡むと全然おかしくない額)という金額が妥当かどうか、という話を前の会社で営業をやっていた頃によくしました。

そんな時に別の制作会社の友人から聞いたのは、「Webを持つことは会社に取って、1店舗増やすことなんだよ。」という話を聞いてなるほど、と思ったことがあります。

どういうことかというと、Webを製品やサービスの販売の販促ツール、あるいは実際に販売する場所、と捉えれば、(効果的な)Webを持つことで上がる売り上げは、そのコストを十分に正当化するということです。

実際に、最近参加した某通販サイトでは売り上げ1000億に対して約半分がWebからの売り上げとなっているそうです。また、ある有名カジュアルウェアショップではWebから毎年3000万の年商があることを伺っています。

では、会社で一人事務員を雇った場合の会社のコストはいくらでしょう?年収が400万だとしても会社としてのコスト(社会保険料、年金、福利厚生、オフィス家賃の社員占用スペース分、上司が教育に割く時間、等々を含む)となると、1000万以上かかるケースがほとんどではないでしょうか。

この社員一人あたりの年間費用で1店舗分の効果が出るとしたら、なんと高コストパフォーマンスでしょうか。

さて、ここで「いやいや。うちのサイトはただあるだけで、何の効果も出ていないよ。」と思った方。ここからが宣伝です;D

これだけの投資価値のあるWeb制作に上記のような効果を意識して作らないのは非常にもったいないです。もちろん発注側がこういう期待をして発注しなければ、制作側はどうしようもありませんが、それをやれ!と言われて出来る会社は案外少ないのかもしれません。

と、いうわけで、ジャクスタポジションはそんなこともできますよー。ということです。


追伸:上記10/1に書いたわけですが、10/9に下記のような記事が載っていました。若干メッセージの中身は違いますが、何を自社サイトの方向性として位置づけるか、大事な示唆を含んでいると思います。

 

 


ご相談・お問い合わせは随時受付中

ホームページ制作、リニューアルに関するお問い合わせは、お電話・メールフォームで承っております。良くあるご質問をまとめておりますので、そちらもご参考下さい。

良くあるご質問 お問い合わせフォーム

最近のブログ記事

このアーカイブについて

このページには、中尾が最近書いたブログ記事が含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。
過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

スタッフ別アーカイブ

* * * *

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.22-ja

TOPへ戻る